HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

食料自給率を上げるには

今、国内の農業は揺れています。 それは、TPPが結ばれて外国農作物が、関税が低くなり輸入されることが決定したからです。 消費者の立場からなら、安く食材が手に入ることは歓迎すべきことです。 ただ、安いだけでは満足はできません。 日本の食品法は世界的にも厳しい基準で設定されています。 そのために、安全な食品をいつでも食べることができます。 外国産の場合は、その安全性が疑問があります。 安くても、安全性が認められないと買うことはないはずです。 そして、外国産が多く国内に出回ると、食料自給率の低下の心配があります。 今でも、国内にある食品の半数以上が外国産で食料自給率は低い数字です。 国内の農家が、生き残ることができる政策が必要です。

応援企業

ヒューマン 伊藤真哉 三重 人材派遣は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 ヒューマン 伊藤真哉 三重 人材派遣
WEBサイト 伊藤真哉氏のヒューマン(三重県)
会社案内 初期段階の教育内容を受けた従業員は品質教育(品質・マネジメント・不良対策)・安全衛生教育(5S・KYT/危険予知、対策)を受ける必要がある。 代表(社長)あいさつでは「お客様の繁栄があってこそ」をモットーに、どんなニーズにも応えられるよう優秀なスタッフを用意することを宣言している。 株式会社ヒューマンは、三重県鈴鹿市算所に本店をかまえる企業であり、資本金は2,000万円の人材派遣事業を展開する伊藤真哉社長の会社である。 職場での心得として重要なものは、「報告」「連絡」「相談」は言うまでもなく重要な事として認知されているが、再度確認の意味で周知徹底されている。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。