特定非営利活動法人 NPO法人 SIDS家族の会|死産とは

ホームページへ SIDS家族の会は、SIDSやその他の病気、または死産や流産で赤ちゃんを亡くした両親を精神的な面から援助するためのボランティアグループです。
病気について

ホーム>病気について|医療者に対するメッセージ

流産・死産とは

医療者に対するメッセージ

産科医 竹内正人 

ここからは医療者に対するメッセージです。たとえ、赤ちゃんの死が不可抗力の結果であったとしても、医療従事者はその事実を厳粛に受け止め、心からの哀悼の意を示す姿勢が大切です。そのうえで、十分に話を聴くこと。事実とは異なっていても相手を否定することなく、まずはすべてを受け止めることから始めるべきでしょう。そのうえで、すべてを正直に、誠実に話してゆくことです。

分娩時障害による死産では、次回妊娠・分娩に影響することは医学的にはありませんが、情緒的な不安・負担は私たち医療者が想像しえないものがあります。もしこのようなケースに遭遇した場合、入院中だけのケアで終わることなく、退院後も担当したスタッフが何らかの形で妊婦・夫・家族と継続して関われることが望まれます。

参考図書

  1. 竹内正人編著:赤ちゃんの死を前にして―流産・死産・新生児死亡への関わり方とこころのケア 中央法規出版 (2008/02 初版第5刷)
  2. 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会編集・監修:産婦人科診療ガイドライン 産科編2008

参考文献

  1. 佐藤昌司※1:日本の死産の疫学‐日本産科婦人科学会周産期登録データベースから. 産科と婦人科.75(4).413‐417.2008
  2. Rusmussen S. et al:The effect on the likelihood of further pregnancy of placental abruption and the rate of its recurrence. Br J Obstet Gynecol 104:1292-1295,1997.
  3. Hendrics SK, et al:Preconception counseling and care of common medical disorders in pregnancy. In Lemcke DP, et al(ed):Primary Care of Women, Appleton and Lange, Conneticut, p.518, 1995.